干からびた修行者の正体はじい様でした(*´・ω・`)b

これでお見合いパーティーは主人公・おっさん・おネエ・じい様の4人に。

…何かの罰ゲームですか?(´・д・`)

これで次の仲間がイケメン(カミュ)だったら怒るぞ(´-ω-`)

その後呪われた主人公の父親を解放しました。

なんのかんのでおネエ良いやつなんですよね(´-ω-`)
全体回復も出来るし、戦闘の便利さもかなりのものです。

でもおネエなんだよなぁ(;´Д`)

村を魔の手から救い、魔王討伐のためにダンサー仲間をソルティコの親に預けるというおネエ。

前にソルティコに入る時に逃げたのは親に会いたくなかったからだったようですね(´・д・`)

おネエは優秀な騎士で、本名はシルビアではなくてゴリアテ。
しかも過去におっさん(将軍)に勝ったこともあるそうな( ;´・ω・`)

ゴリアテってラピュタに出てくる飛行船の名前だっけ?(´・д・`)

その後聖山に迷い込んだ修行者を助けに行くと、干からびた修行者とその足元に置かれた1冊の本を発見。