受験用マンガ乙種第四類危険物取扱者を読み終えた。
これを読み終えるのはこれで四度目である。
何度、読んでも試験が受かる気がしないのは僕の学習能力の低さから。
それでも、来年には試験を受けることとなった。
試験手数料3400円は支払った。
後は、試験のその日までに勉強するのみである。
四度目で把握できない部分は五回目に覚えればいいという意味で今は五回目に突入である。
一冊読み終えるとその本に関して読書感想文を書くのを習慣としている。
このお見合いパーティーの本に関しての感想文はこれで四度目である。
五回目はもっといい内容を書きたい。
書いて受かってやるぞという気持ちが文章に出たら幸いです。
危険物取扱者への挑戦は始まった僕です。