貴方を育てるためにと、
まだ小さい貴方を島に残し、
大きい街まで出稼ぎに旅立っていきました。

それから何年か時は過ぎて
貴方を迎えに来ることなく、
貴方の母は、
出稼ぎ先の街で新しい家庭を持ちました。

小さな島に残された貴方は、おばあちゃんに育てられ

お前の妹、弟ができたよと母から届く手紙に、人知れず涙を流したこともありました。

中学を卒業した貴方は小さな島を出て

働きながら高校に通いました。
前へ前へと忙しい毎日を送り
自分の力だけで高校を卒業しました。

20歳になった頃、8つ年上の男の人とお見合いパーティーをして、もう1人じゃないと家族を手に入れました。